読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千葉戦で完敗。ここで感じたこと


0-2で完敗。内容もスコア以上に完敗。

開幕の磐田戦以来、足を運べないでいる自分は、ただ画面越しでジッと見ていた。行ける距離ではあるんだけど自分の身の回りの整理や準備などでいけないでいる。おそらくこの先も就職して落ち着くまで足は運べないかもしれない。

もちろん何とかして行きたい気持ちはある。だけど、優先できないのは本当に申し訳ない。言い訳みたいで気持ち悪いけど、仕方ない。


TVでずっと数試合見ていて、勝てなくなっても『次はなんとか代わるよね?』とか淡い期待をしていたんだけど、今は『なんとかならない。簡単にいい方向に行ったら苦労しない。』と思うようになった。


じゃあどうすれば?

やってるのは選手をはじめとした現場。

自分は蚊帳の外っちゃ蚊帳の外。

行けないから声を届けることができない。

そんな自分の中で今日の千葉戦を終えて、会場にいけてる人と自分に明らかに気持ちに差が出ている気がした。

バカみたいに行ってた時期は負けても自分らは声出して変わる後押しがしたいし、それができるって思ってた。

しかし、2年間で2試合しか行けてない自分はマイナスな感情ばかり抱くようになった。

それこそ悪いとこを探してるような感じ。

もちろんイイと思うことはあるけど


例えば、今日の内容、これまでの内容で前向けとか次はとか俺自身は思えない。

なんか根本的に退化していて、見ていて残念な気持ちになる。

会場で見てればまた違うことを思うんだろうけど…


今日良かったとか今日は悪かった

みたいな、その場だけの判断はもうできない。


会場で思う存分声出して手を叩ければ何か変わるかなー